ばさら4語り【左近・勝家】編

一般ゲーム - - 紗弥
取りあえず自分のやりたいキャラは一通り一回はED見れたので
√感想という名のキャラ語り、したいと思います♪
まずは・・・
【島左近】【柴田勝家】の感想を。
この二人は今回主人公で最初から攻略可能ですき
関係性はいつもの「好敵手」かと思いきや・・・

感想にはネタばれが含まれます。
大丈夫!という方は続きよりどうぞ手
【島左近】
今回の私のお目当てキャラハート
この外見で声が中村悠一さん!!
そんな彼が主役と聞いて2,3秒迷った後予約しました。

左近は彼自身が天下を取るわけではないので、ひたすら三成様
初っ端三成様の隣に居られることに大喜びの場面からですww
インターミッションの会話では彼の性格が紹介されてました。
賭けごと大好き!賽に話しかけたりする左近ホント可愛いですmoe
イカサマや嘘が嫌いっていう点で三成とは気が合いそうです。
大谷とも表向き親しく話掛けていて、何の問題もなさそうに見えます。
何げに大谷のあの姿見て尚、態度変えなかった時点で
三成や大谷の覚えがいいのは当然ですよねき
大谷の方は色々と思うところがあるそうですが、
それは大谷√で明かされます

さて、左近と勝家には3種類のEDがありました。
通常の戦国創世√、ドラマ√、アニメ√です。

ドラマ√では、三成との出会いも描かれてました!!
真っ直ぐで歪みも曇りもない精神が羨ましくて、
三成に命預けちゃった左近。
そしたら次に勝家と出会います。
何だか少し前の迷いと苦しみの中にいた自分に似てるなぁkyu
と感じて何とか救いたくなった左近は、手を差し伸べることに。
やだ!左近、素敵!いい男ーーハート
正直、親しみやすそうな表に反してもっと冷たい非情な男
かと思ってたのですが(勝家敵だし)結構人情あるキャラでした。
手を取ってくれた勝家と共に、前を向いて生きる為に
「人生大博打うちに行こうぜ」とまずは元凶の帝を倒して、
過去の鎖をひとつ断ち切りました。

アニメ√では途中で秀吉が死に、三成が狂ってしまいますエル
正気に戻す為に、最後は自分の命を差し出すことに・・0口0
最期まで賭けなんだよ・・・
自分を殺したことに気づけば正気に戻るかも、と。
少しは可愛がられているという自負があったからこその希望に近い賭けですね。
「そうであって欲しい」
「自分は消えてもまだ大谷がいる」
その賭けに、左近は勝ちます
・・・けど!!けど!!!!!
正気に戻った三成は、自分の手で斬ってしまった
左近の身体を抱いて慟哭ですよ・・。
なんだこのBADED!!つ・ら・いkyu

【柴田勝家】
今回の主役その◆おかっぱ男子
見た目が既にある種の女子に熱狂的支持を受けそうな彼。
私的には興味外だったのですが、取りあえずプレイしてみたら・・
すごく使いやすい!!!
刀だけど二本を繋ぎ回すという技のおかげで、
かなりの範囲まで攻撃可能!!
地味かと思いきやエフェクトも美しいし、コンボ決まりやすいので爽快でしたき
私の中で勝家の株急上昇(笑)ちゅん

さて、そんな彼の物語ですが・・初っ端から鬱状態エル
序盤共通√では謀反に失敗した身で織田軍に居続ける
彼の虚しさや肩身の狭さが伝わってきます。
ドラマ√突入で、そんな彼の前に政宗様が現れます
右目を失って絶望していた過去の自分に重なって(どっかで見た展開⇒左近)
救ってあげたくなった政宗様も勝家に手を差し伸べ・・・
というより、やや強引に引っ張り連れて行っちゃいます。

自分の時には傍に小十郎が居てくれた。
誰かが導いてくれれば這いあがれる。

今度は自分が誰かを・・勝家を導こう、と。

政宗様ァァァ!!格好いいぃぃぃ!!!
惚れる!これは惚れるだろう!!kyu
そんなわけで、勝家の虚ろの根本である信長を討ちに行きます。
天下統一の壁でもあるし・・と思ったら!
何と、明智光秀が先に謀反起こして戦い勃発してましたDocomo_kao20
「本能寺の変」ですね。
乱入戦を制して光秀を討ち、信長と一騎打ち!!
過去を思い出すのか恐怖と緊張で腕が震える勝家さん。
そんな彼の肩を掴み、ひとりじゃないと知らせる政宗様。
余裕ある微笑みと頷きが心強い手
勝家も震えが止まり、戦えるように。
信長を斃すことで、ようやく勝家の心の陰が一つ消えましたひらめき
少し本来持っていた自信が戻ったのか、態度が卑屈でなく
前向きに変わっていたラストがとても微笑ましい
すっきりしたEDでしたき
お市様の心をどうにかするのは永遠に無理なので、
その鬱は晴れないけど新しい人見つければいいんだよアセアセ
ほれ・・(*´д`*)つ【左近】

アニメ√は、鬱のまま浅井軍とぶつかり、
なんと長政とお市を自分の手で斃してしまいます_| ̄|○
愛する人は自分を必要としてなくて、憎い男を目の前に
正気を失ってしまったんですね。
永遠に失った後、虚ろを抱えたまま足利の元へ行くと、
過去の謀反が帝の思惑によって引き起こされた事が判明。
しかし、帝が思い描いていた結果と違ったらしくガッカリされます。
なんだそれはむか勝手に期待して勝手に失望するなし泣き
そして、斃れる寸前に瞼の裏に見えたのは・・・
有りえたかもしれない別の次元の勝家でした。
織田家で信長や光秀が蘭丸が濃姫が・・・勝家が。
皆で笑って過ごす・・・そんな理想の。
バカーーーーーーー!切ないーーーーーーーkyu

左近・勝家共にアニメ√はBADかなと思いました。

さて、次は主役陣第二弾の武将達を・・・ちゅん
 
無料ブログ作成サービス JUGEM